ボランティアで社会貢献

ボランティアに関わる保険

ボランティアをして人々の生活をサポートしようと考えるのは良いことですが、活動中に自分が事故に遭ったりケガをしたりする可能性もあります。また周囲の人を傷付けることも考えられるので、その時にいくら費用を使えるかも頭に入れなければなりません。多額の治療費や慰謝料を支払える人は少ないので、全国社会福祉協議会はボランティア活動保険を作っています。個人または団体で加入することができ、保険料は1年間で300円です。この保険はケガの補償と賠償責任の補償に対応しています。また行事保険もあります。国内で福祉活動や市民活動を目的に、非営利団体が主催する行事に参加している時に、事故でケガをした時に補償します。ボランティアにお金をかけたくなかったり、事故やケガをするか分からないのに保険に加入するのがもったいなかったりしますが、被災地での活動は危険が伴うものです。また活動場所に行く途中に車両が事故を起こす可能性はゼロではありません。最寄りの社会福祉協議会に行って、申し込み書類を提出して現金を持って行くだけの簡単な手続きなので、ボランティア活動の少し前に加入するのがおすすめです。インターネットから申し込むことはできません。

オススメのボランティアとそれを探す方法

ボランティアは無償で誰かのために働く事を言い、それを行うことで気持ち的な達成感や誰かの為に役立っているという充実感を得ることができるのが魅力です。また、子供などの場合は普段は出来ない体験をボランティアを通して学ぶことができるため、自己成長の手段としても活用することが出来るでしょう。
そして、これから挑戦されるという方は、介護施設のボランティアのお仕事が人気でおすすめになってきます。何故それが人気かと言えば、高齢者とお話をしたり一緒にレクリエーションを行ったりと簡単な事がほとんどだからです。重たい荷物を持ったりすることは無く、小学生や中学生などの学生さんも参加することが出来るのがその魅力となっています。
初めてそのような活動に参加されるという方は、そんな介護施設の募集情報を探して応募して行きましょう。
ちなみに、そんな募集情報を探す方法としては、インターネットのボランティア情報サイトを活用する方法が使えます。そこには日本全国の募集情報を一覧でまとめてくれており比較的容易に探すことが可能です。また応募するために必要な施設や団体の連絡先なども載っている所が多く、コンタクトも取りやすくなっています。

注目サイト

アレルギー向けドッグフードなら
http://addiction-japan.com/
博多の美味しいホルモン店
http://www.rakutora.jp/
ブラインド
http://stepline.jp/brind.html

2017/1/19 更新